【自炊レシピ】ホタルイカがきた!試行錯誤しながら美味しく調理!

自炊

こんにちは、花です!

先日、富山に住む友達が大量のホタルイカを届けてくれました。なので今回はホタルイカのお話です。

生のホタルイカが大量にきた!

こちらが箱詰めの写真。うひょーーーテンションあがるぅぅ!!

ホタルイカは新鮮ならお刺身にしたり、もしくは生のまま沖漬けにするなどもできるのですが、寄生虫がいないとはいいきれないし……量も多いので全部下処理して茹でることにしました。その方が保存もきくからね。

下処理に時間かけすぎた

ザルにあけてみたら驚きの量www

ホタルイカは軟骨(と口?)さえ処理しちゃえば目はついたままでもいいんですよね。よく売られているボイルされたホタルイカは目とかついたままだし。
でも結局食べないというか、固くて舌触り悪いので下処理では目、口、軟骨を取る事にしました。

_人人人人人人人人人人_
> 1時間かかりました!<
 ̄YYYYYYYYYY ̄

甘かった……面倒くさくはないけど、量が……多い……! いやーびっくりした。でも、美味しくホタルイカを食べるため。きっとこんなにホタルイカの下処理をするのは後にも先にもないでしょう。

サッと茹でて下処理完了。

ここで思ったのですが、内臓がわりと凄い。イカのワタの味がこの辺りでもう凄い。え、ホタルイカってこんなに内臓凄いの……? このまま塩辛になるのではレベル。だって普段スーパーで買うのはこんなに内臓ないよーー!? あれ、下処理の仕方がちょっとおかしいのかな。内臓がこんなに流れ出てくるのが間違っているのだろうか……。

さてさて、ともかく下処理も終わったので調理に移りましょう〜〜〜

ホタルイカと菜の花の炒め物

ちょうど農家さんからいただいた採れたての菜の花があったのでホタルイカと炒めてみました。

ホタルイカからガンガン内臓が染み出てきちゃうので、ワタ?キモ?が苦手な人はだめかも……。私は好物なので美味しさ増して最高です。

菜の花のおひたしとかはあまり好きじゃないけど、炒め物にすると食べれるな〜〜。春満載の一品になりました。

作り方

菜の花をサッと茹でおいて、フライパンに油を温めたら菜の花、ホタルイカを投入。賞味期限が切れてるシラスがあったのでついでに投入。

ホタルイカとシラスを入れているので塩気はあるはずなので塩コショウは整える程度で。

すでに火が通ってる食材ばかりなのでサッと炒めたら醤油をまわし入れて、火を止めて、余熱で絡ませる。

ホタルイカの沖漬けもどき

ホタルイカの沖漬けは生のホタルイカを漬けるんですが、それだと家族がたぶん食べないので茹でたものを醤油漬けにしました。

こちらもなんだかんだキモが……なので塩辛みたいになって。白米の上に乗せたらどんどん米が進むやつ! もしくは日本酒や焼酎が最高に美味しくなる肴。

2日くらい置いたら醤油が濃くなってしまったので、最後は炒めて食べちゃいました。

作り方

醤油と酒を合わせて鍋でひと煮立ちさせます。目分量……醤油2:酒1くらいかな。

ひと煮立ちさせてアルコール分飛ばして、冷めてからホタルイカを入れて冷蔵庫へ。1時間くらい漬けたらもう食べれます!

おまけレシピ

残りは冷凍してしまおうかと思ったら、それほど残らなかったのでちょっとした肴に。写真を撮る前に食べきるという失態をしたので写真はなしです(笑)

ホタルイカのにんにくごま油

ボイルしたホタルイカにごま油と桃屋の刻みにんにくを和えるだけ。ごま油とにんにくを入れすぎるとホタルイカの味が行方不明になるので、足りないかなくらいがちょうどいいです!

誰か知りませんか?ホタルイカのパテのレシピ

余談ですが、何年も前に行った飲み屋でメニューにはないのだけど「作ったから食べてみる?」と出してもらったホタルイカのパテが忘れられません。しばらくしてから同じ飲み屋に行ったけれど、ホタルイカのパテには出会えず、レシピもわからない様子でした。

内臓がちゃんとあるホタルイカを食べて、あのときのパテもこんな味だったなぁと思いだしたので、もしかしたら生のホタルイカをボイルしてペースト状にしたものかもしれません。ぐーぐる先生に尋ねてみても、ホタルイカのパテというレシピはありません。

もし、レシピをどなたか知っている方がいましたら教えていただきたい。もしくは、こんな風に作ってみたらどうだろうというヒントでも構わないです! よろしくお願いします。

まとめ

こんなにたくさんホタルイカを堪能することがはじめてで、ドキドキあわあわする時間でした。でも旬のものを産地からいただけたのは本当に感謝。とっても美味しかったです。自分の住んでいる地域は全国的に有名な食材って少ないので、旬を感じる特産品があるのっていいな~って思いました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました